ロミオとジュリエットあらすじ、(13年宝塚歌劇団 星組公演)Aパターンの配役、あらすじ、感想


スポンサードリンク



ロミオとジュリエット2013年宝塚歌劇団星組公演は、

A・Bパターン2種類の役替わりがありますが、

今回はAパターンを見た感想を書きます。

 

主要キャスト

・ロミオ(柚希礼音)

・ジュリエット(夢咲ねね)

・ティボルト(紅ゆずる)

・ベンヴォーリオ(礼真琴)

・マーキューシオ(壱城あずさ)

・パリス伯爵(天寿光希)

・死(真風涼帆)

・愛(鶴美舞夕)

・キャピュレット卿(一樹千尋)

・ロレンス神父(英真なおき)

・ヴェローナ大公(十輝いりす)

 

赤字が役替わりのある役

 

あらすじ

ヴェローナと言う街には、

キャピュレット家、モンタギュー家の二つの旧家があり、

この両家は昔から互いを敵対視していた。

 

モンタギュー家のロミオ、キャピュレット家のジュリエット、

この二人が舞踏会で出会い、恋に落ちてしまった、

当然周りは反対するが…

 

主要人物について

前に星組でロミオとジュリエットは公演されており、

ロミオ(柚希礼音)、ジュリエット(夢咲ねね)のコンビは初めてではありません、

当時から数年経ってるので、初々しさと言う点では前作に劣ります。

 

特にロミジュリはお互いが10代の若者と言う設定なので、

お披露目公演ならまだしも、ベテランのちえねねコンビには…

まあ海外ミュージカルの版権が残ってる内に多く上演したいのでようが。

 

ティボルト(紅ゆずる)は単独で歌うシーンが多いですが、

さゆみは歌が微妙なので、ちょっと厳しい感じがしましたね、

月組の明日海りおのティボルトと比べると特に…

 

真風涼帆は3番手なので、本来は死をやるべきではないのですが、

前に公演した時も死の役だったので、そこを考えての配役になります。

 

セリフ、歌がないぶん表現力が問われる役ですが、

前回の経験が生きてて、良い感じで演じてました。

 

作り込みがイマイチ

星組の前に月組のロミジュリを見ており、

あちらはトップと準トップのみ役替わりでしたが、

今回は6役が役替わりなので、作り込みがイマイチに感じました。

 

マーキューシオ(壱城あずさ)はビジュアルは良いのですが、

演技、歌共に「うーむ」と言う感じです。

 

ティボルトにやられるシーンは好きなのですが

こっちも月組のみやるりの方が良いですね。

 

ベンヴォーリオ(礼真琴)は歌が上手くてグッドでした、

後半に単独で歌うシーンもバッチリです。

 

星組の中でも歌は上手い方でしょうね、劇団側が押すのも納得、

新人公演も主演を務めましたし、将来が楽しみな存在です。


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ