エリザベート(2002年宝塚歌劇団 花組公演)配役、あらすじ、感想

昭和のベルサイユのバラ、平成のエリザベートと呼ばれ、

いまや宝塚歌劇団の看板作品になってるのがエリザです。

 

花組、宙組、雪組、月組と公演しており、宙組以外は見ました、

今回は2002年に公演した、花組バージョンについて書きます。

 

配役

・トート(春野寿美礼)

エリザベート(大鳥れい)

フランツ(樹里咲穂)

ルキーニ(瀬奈じゅん)

ゾフィー(夏美よう)

ルドルフ(彩吹真央)

エルマー(蘭寿とむ)

あらすじ

ヨーロッパ1と言われるほど美しいオーストリア・ハンガリーの、

皇后エリザベートの一生を描いた物語。

 

海外で人気のミュージカルで、

原作はエリザベートが主役の作品ですが、

宝塚はトップがトート(死)を演じ、エリザベートとの恋を描きます。

 

公演の感想

春野寿美礼、樹里咲穂、彩吹真央は歌唱力の高さに定評があり、

大鳥れい、瀬奈じゅん、蘭寿とむも歌が上手です。

 

主要な配役の全てが歌ウマと言うのは珍しい!


スポンサードリンク



聴いていてが幸せでした(笑)

 

春野寿美礼(トート)は抜群に上手いです、

エリザベートは歌が多いので、歌ウマトップ必須ですね。

 

大鳥れい(エリザベート)は美人で歌も良いですが、

周囲のレベルが高過ぎるので、ちょっと霞む感じです。

 

樹里咲穂(フランツ)も歌が上手いです、

じゅりぴょんは2番手まで行ってたんですね、

てっきり3番手のまま退団したと思ってました。

 

瀬奈じゅん(ルキーニ)は後に月組トップスターになってますが、

この時点では周囲に押され気味で、他の人が目立ってる感じです。

 

彩吹真央(ルドルフ)の闇が広がるは最高でした、

4番手の頃でも歌唱力は抜群ですね。

 

蘭寿とむ(エルマー)も花組トップの今と、

声量の大きさ、声質は変わってないです。

 

当時は何気ない配役ですが、

将来のトップスター、2番手が多いので、

今見ると豪華なキャストですね。

 

内容に関しては他のエリザベートと変わらないので、

今回は省かせてもらいます。

 

後は宙組を見てないのでDVDで見ようと思います、

ずんこと花ちゃんの歌ウマコンビですから、楽しみです。


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ