2013年月組ベルサイユのばらの感想、配役(宝塚大劇場)


スポンサードリンク



宝塚大劇場で行われた月組公演のベルサイユのばらを観劇。

 

本公演は役替わりでオスカルを龍真咲、明日海りお、

アンドレを龍真咲、明日海りお、花組の蘭寿とむ、雪組の壮一帆が演じます。

 

私が見に行ったのはオスカルがまーくん、アンドレがみりおのスタンダード版です。

 

主な配役

オスカル(龍真咲)

アンドレ(明日海りお)

アラン(星条海斗)

・ロザリー(愛希れいか)

ベルナール(美弥るりか)

・ジェローデル(珠城りょう)

・ジャルジュ将軍(汝鳥伶)

・ブイエ将軍(越乃リュウ)

・ジャルジェ夫人(花瀬みずか)

 

スタンダート版にした理由

どの公演を見に行くかで迷ったのですが、

 壮一帆の雪組トップ就任と時期が重なってたので、

えりたんの特別出演のチケットは余りがなかったです。

 

とは言っても私はえりたんのファンではないので問題なかったです。

 

逆に蘭寿とむの方はチケットに余りがあるようでした、

らんとむは好きなのでこっちにしようかと思ったのですが、

 

龍真咲は小顔で美人、明日海りおのファンなので、

スタンダード版が一番しっくり来ると思いコレにしました。

 

公演の感想

私の読みは当たりました、

女性らしさが残るまーくん(龍真咲)のオスカルはグッド!

※オスカルは女性だけど男に混じってるキャラなので

 

金髪は黒髪に比べると顔が大きく見えるので、

小顔の人じゃないと厳しいんですよね、ビジュアル的に。

 

みりお(明日海りお)のアンドレは超イケメンでした、

歌も上手いし言う事なしですね。

 

プロローグのエトワールの歌がなかなか上手で、

誰かな~と思ったら、ちゃぴ(愛希れいか)でした。

 

歌が上手い方ではありませんが、出番の少なさが功を奏したのか、

今までの公演に比べて全体的に質が高い印象を受けました。

 

声の大きさがイイネ

星条海斗のアランは良かったですね、

地声が大きいので迫力がありピッタリ。

 

「バカ野郎!」と言うシーンは思わずビクっとなりました(笑)

そのくらい迫力がありましたね。

 

美弥るりかのベルナールも出番が少ない分、役作りが良く出来てました、

こちらもちゃぴ同様、以前より歌が上手に聞こえました。

 

たまきのジェローデル抜擢は驚きですよね、

階段降りも上の方ですし、完全に先輩を抜いた感があります。

 

扱いが明らかに良いので、劇団側がかなり押してるのが分かります。

 

エトワールは本公演で引退する花瀬みずかが歌いました、

とても上手で辞めてしまうのがもったいないです。

 

馬車はすごかった

例の馬車は驚きでした、客席の拍手もすごかったです、

コムのペガサスのように、後ろに装置が見える事もないですし。

 

ただフィナーレがあまりにもベルばらと差があり過ぎるのと、

ボレロの女性役が常にみりおと言うのもどうかと思います。

 

ここはオスカル側を女性役にしないと、

アンドレの化粧の黒さが目立って違和感があります。

 

しかしながら全体的には満足度の高い公演でした、

他の公演と違って立ち見が出るほど観客も多く熱気がありました。


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ