銀河英雄伝説@TAKARAZUKA(宝塚宙組)のあらすじ、感想、配役


スポンサードリンク



小説が原作でアニメ化もされている銀河英雄伝説の、

宝塚バージョンを見に行きました(宙組公演 宝塚大劇場)

 

私自身は原作を見た事がないので話は分かりませんでしたが、

原作の1~2巻くらいの内容らしいです。

 

宙組新トップコンビ(凰稀かなめ、実咲凛音)のお披露目公演です。

 

主な配役

・ラインハルト(凰稀かなめ)

・ヒルダ(実咲凛音)

・キルヒアイス(朝夏まなと)

・オーベルシュタイン(悠未ひろ)

・ヤン(緒月遠麻)

・ロイエンタール(速水ゆうや)

・ミッターマイヤー(七海ひろき)

・アンスバッハ(凪七瑠海)

・ジェシカ(純矢ちとせ)

 

あらすじ

核戦争により地球を捨て宇宙へ飛出し、銀河連邦を誕生させた。

 

銀河帝国に圧政に耐えかねた人々は自由惑星同盟を結成、

この2勢力が争う宇宙戦争へと突入した。

 

※ラインハルト(凰稀かなめ)が銀河帝国の元帥、

ヤン(緒月遠麻)が自由惑星同盟の智将と言う設定。

 

公演の感想

 ラインハルト(凰稀かなめ)は小顔なので金髪が良く似合います、

普通金髪にすると顔が大きく見えますが、違和感0ですね。

 

あまり使う演目がないので慣れないと難しいでしょうが、

稽古のおかげかマントの使い方が上手です。

 

ヒルダ(実咲凛音)は元々原作1~2巻では出番がなく、

本公演でも出番は少な目となってます(お披露目公演なのに)

 

雪組お披露目公演で娘1にも関わらず新人の夢華あみと、

役替わりでジュリエットを演じた舞羽美海なみに不遇です。

 

美人だし、歌も上手なので個人的にはもったいなかな~と感じました。

 

実質2番手

パレードの階段降りは別格スターのヤン(緒月遠麻)がエトワール、

オーベルシュタイン(悠未ひろ)が後で降りましたが、

 

話しの内容からするとキルヒアイス(朝夏まなと)が、

出番も多く実質2番手待遇の役になります。

 

劇団は朝夏まなとを押したいけど、ファンの反感を恐れて、

ともちん、キタロウを上位に見せる工夫をしてます。

 

ビジュアル、歌共にそこまで良いとは思わないのですが、

ファンの人気はあるのかな~それとも劇団が押してるだけか。

 

ベテラン勢が良い

ともちんは出番が遅いですが貫録の演技でした、

光と影でテルと絡むシーンは最高ですね。

 

キタロウとせーこが二人で歌う、

サンセットバレーはとても良かったです。

 

せーこは出番も多いし娘2ポジションですよね今回、

顔が若干大きいのが難点ですが、歌が上手いので私は好きです、

出来たら娘1になって欲しいんだけどな~

 

すみれ乃麗は相変わらず娘3番ポジションですね、

背後にうららの影が忍び寄ると言う感じです。

 

ロイエンタール(速水ゆうや)、ミッターマイヤー(七海ひろき)

アンスバッハ(凪七瑠海)の感想も書きたかったのですが、

長くなったのでまた機会があれば書きます。


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ