美しき生涯、石田三成 永遠の愛と義(11年宝塚 宙組公演)の配役、あらすじ、感想


スポンサードリンク



宝塚大劇場で行われた時代劇系の演目、

「美しき生涯、石田三成 永遠の愛と義」を観劇した感想です。

 

スーツ姿が多いゆうひさんですが、

今回は時代劇物と言う事で違った顔を見せてくれました。

 

主な配役

・石田三成(大空祐飛)

・茶々(野々すみ花)

・疾風(凰稀かなめ)

・福島正則(北翔海莉)

・加藤清正(悠未ひろ)

・豊臣秀吉(未沙のえる)

・徳川家康(寿つかさ)

・さぎり(純矢ちとせ)

 

あらすじ

戦国時代の武将である石田三成(大空祐飛)が豊臣秀吉への忠義と、

茶々(野々すみ花)を愛してしまった事による葛藤をえがいた物語。

 

 公演の感想

信長、豊臣秀吉などは大河ドラマでも取り上げられるので、

先入観が強い演目でもあります(特に茶々)

 

元々あまり歴史に強くないので、

時代背景が分かりずらかったですね。

 

大空祐飛は忠義と愛の狭間で葛藤する様子を描きますが、

やっぱり愛を取って欲しいと言うのが見てる方の感想ですよね。

 

まあこの辺りはそう言う脚本なのでどうしようもないですが(汗)

また牢獄での髭姿は新鮮ですね、なかなか付け髭をする役にあたる事はないので。

 

野々すみ花はいつ見ても安定ですね、美人で演技も良く歌も上手なので、

茶々は凛としたキャラですが、上手に演じてました。

 

凰稀かなめの疾風はイケメンでカッコ良いです。

 

1幕が終わって休憩してる時、周囲の人がカッコ良かったと、

言ってるのを耳にする事もしばしば。

 

最後にさぎり(純矢ちとせ)に刺されるシーンは美味しいですよね、

この後フィナーレがなくて、幕が下りた所で終わったら相当美味しかったのに(笑)

 

3番手以降の感想

北翔海莉は七本槍で一番目立つポジションですが、

基本的に他の七本槍と行動するため埋もれますね。

 

みっちゃんは歌が上手なので、

単独で歌うシーンがもっと欲しかったですね。

 

これは他の七本槍である、

ともちん、まさこ、みーちゃん、だい、ちー、カチャも同様で、

若手スターに良い役がない演目と言う感じがしました。

 

まあ若手スターが豊富にいる宙組なので、

このような役に落ち着いたのかもしれませんが。

 

最近は日本モノも少なくなって来たのでたまには良いですが、

やっぱり宝塚は洋風でスーツを着てる方が、

カッコ良いかな~と思う今日この頃でした。


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ