ルナロッサ、夜に惑う旅人(09年宙組 宝塚大劇場)のあらすじ、感想

美しき生涯、石田三成 永遠の愛と義」と、

セットで上演されたルナロッサの感想を書きます。

 

ルナロッサ(紅い月)の下で繰り広げられる、

エキゾチックな魅力あふれるショーです。

 

公演の感想

初っ端から良いですね、ゆったりとした感じから始まり、

マントを取ってからの盛り上がりはグッドでした。

 

大空祐飛、野々すみ花は歌が良いですからね、

凰稀かなめはゲフンゲフン…

 

でも凰稀かなめが演じる月下美人は良かったですね、

元々美人なので女役もピッタリ来ます。

 

また前半の演目では美声を聞けなかった、

北翔海莉のパワーがいかんなく発揮されます。

 

大空祐飛退団後は専科に行きましたが、

ビジュアル的にトップは厳しいのかな…と言う感じです、

歌や演技は上手なんですけどね~

 

全体的に見た感じバザールの部分が不要な感じがしました、

実際見てて「ん?」って感じでしたし。

 

なんかあそこだけマッチしてない印象を受けました。


スポンサードリンク



 

3番手以降は厳しい

中詰で別格スター、若手スターにも目立つシーンがありますが、

他のシーンは服装も似たり寄ったりですし、

パレードも3番手以降は同待遇と言う感じです。

 

パレードの服装も同じですし、

階段降りも他のスターはセンターラインから下りず、

いきなりみっちゃんが下りて来ますからね。

 

解体前の宙組なので若手スターが豊富ですし、

劇団側も大きく序列は付けにくかったのかな~と言う感じがします。

 

りりこ退団

エトワールで美声を聞かせてくれる七瀬りりこは、

本公演の東京公演千秋楽をもって退団になります。

 

男役は長年続ける人が多いのでまだしも、

娘役は早い段階で辞めて行く人が多いので、

歌が上手な人がすくないんですよね、特に最近は。

 

そう言う意味では貴重な存在でしたが、

彼女にも今後の展望があるので仕方ないと言う感じでしょうか。

 

全体的には良いレビューでした、

普通の演目はまだしもショーは公演の方が迫力があるので、

いつもDVDで見てる人は是非宝塚劇場に足を運んで欲しいです。


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ