MistyStation(宝塚歌劇団12年月組公演)の感想、霧矢大夢と蒼乃夕妃の退団公演


スポンサードリンク



2012年月組公演のMistyStationを見に行ってきました。

 

MistyStation-霧の終着駅-は、

男女の出会い、恋、別れを演出したショー作品です。

 

主演の霧矢大夢さんと蒼乃夕妃さんは、

本公演を最後にお二人とも今回で退団ということで、

気合が入っており、見るほうも自然と力が入ります。

 

見に行った日は千秋楽ではなかったので、

きりやんとまりもからすれば、まだ先と言う感じでしょうが、

 

私は本公演は1度しか見に行かない予定なので、

実質現月組トップコンビを見るのは最後になります。

 

公演の感想

MistyStationの印象は役名を見たときに崩れてしまったのですが、

たとえば孤独な戦士、ブラックシャドー、魔都の男というように、

考え方を変えればいかにもミュージカル、という感じでした。

 

ですが内容的にはかっこいい見せ場がたくさんあり、

蒼乃さんのソロや霧矢さんの踊り、

全体的なかっこよさはほかの舞台に負けず劣らずでした。

 

簡単に言ってしまえば、

気持ちが入っていきやすい舞台でしたね。

 

原作がはっきりと分かっている、

有名だという場合はすぐに気持ちが入るんですが、

 

MistyStationはまったく知らない状態で見たので、

気持ちがすぐに入っていくか不安でしたが、

すんなりは入れるのは本当に良かったです。

 

オチには笑ってしまいましたが、

群舞やフィナーレなどを見ていると一体感が出ており、

きりやんを中心とした月組の結束の固さを感じました。

 

間違った見方をするとコメディになりそうな今回の舞台でしたが、

非常に面白く、新鮮で、楽しむことができました。

 

歴史ロマンスなどをいつも見ているような方には、

一度はこうした面白い物語も見てほしいと思います。

 

 

PS.

さて時期月組トップスターは、

龍真咲、愛希れいかに決まりました。

 

愛希れいかは新人公演のヒロイン役を演じましたが、

トップ娘役にする前の布石だったんですね。

 

明日海りおが他の2番手はとは別格待遇の、

準トップと言うことで波紋を広げてますが、

新生月組がどんな組みになるのか見守って行きたいです。


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ