七海ひろきは路線からトップスターになる?スカーレットで大抜擢


スポンサードリンク



宝塚歌劇団89期生の七海ひろきは、

風と共に去りぬ宙組公演で、

朝夏まなとと役替わりでスカーレットを演じました。

 

今の宙組は凰稀かなめがトップスター、

実質的に朝夏まなとが2番手で、

緒月遠麻が別格スターの3番手状態です。

 

七海ひろきは路線ですが、

これまで重要な役が付く事は少なかったです。

 

なので七海ひろきのスカーレットは大抜擢です。

 

またベルサイユのばらオスカル編では、

ジェローデル、アランを役替わりで演じます。

 

 89期生の同期

七海ひろきの同期生である89期生には、

主に以下のスターがいます。

 

【娘役】

夢咲ねね 星組トップ娘役

純矢ちとせ

大月さゆ

白華れみ

 

【男役】

明日海りお 花組トップスター

望海風斗 

凪七瑠海 

美弥るりか 

蓮城まこと 

壱城あずさ 

七海ひろき 

 

明日海りおが出世頭で、

他の同期では2~3番手を務めてるスターもいます。

 

2003年が初舞台なので、

すでに舞台歴が10年を超えており、

次代の宝塚を背負うであろう重要なスターが多いです。

 

劇団の猛プッシュ

2009年に薔薇に降る雨の新人公演で初主演をしてますが、

どちらかと言うと劇団側は重要視してなかった印象でした。

 

しかし2013年にバウで蓮水ゆうやと、

the WILD Meets the WILDでW主演。

 

風と共に去りぬで朝夏まなとと役替わりで、

スカーレットを演じるなど、

劇団側の猛プッシュが続いてます。

 

ベルサイユのばらも主要キャストである、

アラン、ジェローデルを役替わりで演じますので、

宙組は以下のような構成になります。

 

凰稀かなめ トップスター、

朝夏まなと 2番手

緒月遠麻 別格スター

七海ひろき 3番手

 

キタロウの番手が上がる事は考えにくいので、

テルが抜けたら、まなとトップ、かい2番手です。

 

こうなるとトップスターの可能性が出て来ました。

 

88期生の先輩に続くか?

朝夏まなとは88期生で1つ上の先輩になり、

星組でのトップ就任が濃厚な紅ゆずるが同期です。

 

星組が88期生の紅ゆずる、

89期生の凪七瑠海、美弥るりかと続き、

宙組が88期生の朝夏まなと、

89期生の七海ひろきと続いて行くイメージです。

 

七海ひろきが将来的にトップスターになるか、

現時点では分かりませんが、

劇団側が爆上げしてるのは間違いないです。

 

今後の動向に注目が集まりますね。


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ