華やかなりし日々(12年宝塚宙組公演)の感想、配役、大空祐飛が退団

2012年4月に宝塚歌劇団宙組公演の、

華やかなりし日々を見てきました。

 

主演は宙組トップの大空祐飛さんです。

 

今回の公演で大空さんは退団ということで、

やはり大勢のファンの方が駆けつけていました。

 

主な配役

ロナウド・フィリップス 大空祐飛

ジュディ・レイン 野々すみ花

アーサー・シェルドン 凰稀かなめ

ニック・ウェルズ 北翔海莉

フローレンツ・ジーグフェルド 悠未ひろ

クロムウェル警部 寿つかさ

ポーラ・オースティン すみれ乃麗

 

あらすじ

内容としては最下層にいた男が、

非合法的な方法でのし上がっていったところ、

 

夢を見続けるピュアな少女に出会うところから始まり、

だんだん過去を思い出し、新たな旅立ちへ向かっていく、

このような話といえば分かりやすいでしょう。

 

周囲を固める登場人物も非常に魅力的で、

個性が際立った存在感を示していたと思います。

 

2番手娘役は誰ですか?

例えばヒロインジュディの幼馴染、

アーサー刑事は真面目で優秀な刑事ながらも、

人情味あふれるキャラです。

 

劇団主催者のジークフェルド氏は、


スポンサードリンク



いい人そうなのに軽くあしらわれてます。

 

ヒロインのジュディも可愛らしさが際立っていました。

 

ただこの華やかなりし日々、

2番手娘役がいたのかなという感じでした。

 

まあ劇団としては新人公演でヒロインをした、

伶美うららを将来的にはトップ娘にあげる予定ですが、

 

現在はすみれ乃麗、純矢ちとせ共に、

どちらが2番手娘役か分からない状態です。

 

大空さんを始め、男役の存在感が圧倒的で、

娘役はヒロインのみ印象深いという感じでした。

 

ようするに他の娘役は影が薄い舞台でした。

 

宙組の公演は華やかなりし日々に限らず、

二番手娘役がいない印象のことが多いので、

あまり気にはしていませんが、

いたらやはりまた違った面白さが生まれるのかなと思います。

 

ゆうひ退団は悲しい

もちろん男役トップの大空さんの、

退団公演と言うこともあっての舞台なのでしょうが、

娘役は野々さんだけ印象強かったような感じです。

 

それにしても大空祐飛の退団は残念です、

あの癖のある声が私は好きだったのですが。

 

しかしストーリーとしては分かりやすく、

すんなりと入っていくことができました。

 

最初から最後まで周りの雑音は、

一切聞こえないくらい集中できました。

 

テルが率いる新生宙組に期待ですね。


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ