クライマックス -Cry Max-(12年宝塚宙組公演)の感想、大空祐飛・野々すみ花退団

2012年4月に公演された宝塚歌劇団宙組の、

クライマックス -Cry Max-は、

大空祐飛さんと野々すみ花さんの退団公演です。

 

感想を一言で述べるなら大人のためのショータイム。

 

大空さんが今回で退団ということもあり、

ソロをたっぷりと堪能できました、

ゆうひファンにはたまらないひと時だったでしょう。

 

癖のある歌い声なので賛否両論ですが、

私はあの独特な声がとても好きです。

 

公演の感想

しかし野々すみ花さんも同時に退団ということもあったので、

不満点を言うなら野々さんの出番も、

もっと与えてあげてほしかったということでしょうか。

 

まあ宝塚歌劇団は男役が人気で、

娘役はおまけ程度の認識ですからね、

仕方ないと言えば仕方ないです。

 

印象的だったのは、

準トップで時期トップスターの鳳稀かなめが

2章で着用した美しい軍服姿です。

 

鳳稀さんの役柄は人妻との関係を持つ軍人なのですが、

苦悩する姿など本当にさまになっていました。

 

また3章に登場したジャズクラブボスの、


スポンサードリンク



北翔海莉さんのソロも素晴らしい美声で、

聞きほれてしまいました。

 

これぞ宝塚という感じです、

やはりみっちゃんの歌声は最高ですね。

 

ほかにも4章や5章、6章にも印象的なシーンはあるのですが、

この2つだけは譲れないベストシーンだと思います。

 

CDも欲しくなった

この2012年宙組公演の、

クライマックス -Cry Max-はCD化されているんですが、

もう一度聞きたいと思うくらいの出来栄えだと感じています。

 

CDジャケットも大空祐飛さんでかっこいいです。

 

DVDは購入することが多いですが、

CDまでは購入しないんですよね普段は。

 

でもいつでも聴けると言う意味では、

DVDよりもCDの方が良いですからね、

しいて言えばお値段が高いのが…これはDVDもですが。

 

華やかで豪華な宝塚歌劇団の舞台ですが、

クライマックス -Cry Max-も期待を裏切らず、

最後まで堪能することができました。

 

大空祐飛、野々すみ花の宙組トップコンビが、

退団すると言うのはとても寂しいことですが、

次期トップスターのテルが頑張ってくれるでしょう!


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ