大江山花伝(09年宝塚博多座宙組公演)のあらすじ、配役、感想

宝塚歌劇団公演の大江山花伝は、

日本の平安時代中期、藤原氏隆盛期のころのお話です。

 

宝塚歌劇団でも洋風が多いので、

最近では珍しい日本モノの舞台です。

 

主な配役

茨木童子 大空祐飛

藤子/藤の葉 野々すみ花

渡辺綱 北翔海莉

胡蝶 花影アリス

千年杉 萬あきら

源頼光 寿つかさ

酒呑童子 十輝いりす

 

あらすじ

大江山には酒呑童子という鬼が住んでおり、

その一味が悪さをずっと重ねていました。

 

そこで時の帝は源頼光に討伐宣下をし、

そして渡辺綱など四天王が大江山へと向かいます。

 

しかしこの綱はかつて自称茨城童子にあっていたことがあるのです。

 

公演の感想

このようなストーリーの大江山花伝、

宝塚歌劇団ではあまり見ない日本の歴史物です。

 

私が見たのは2009年の公演で、

日本の歴史にうといので、日本モノは厳しいです、

なのでストーリーについていけない部分がありました。

 

日本の歴史が好きな人にはいいのかなと思いますが、


スポンサードリンク



もう少し深い部分まで見せてほしかったなという印象です。

 

しかし役者さんはいつものように素晴らしく、

衣装も豪華絢爛で歌も素敵です。

 

どの役もはまっていらっしゃって、

見ていて気持ちいいくらいでした。

 

北翔海莉が2番手ポジションで、

役としては大空祐飛のライバルになりますが、

最終的には茨木童子の味方になる演出なので、

見ていてとても後味の良い舞台でした。

 

博多座なので目立つスターは限られてますが、

それでも面白い舞台だと感じました。

 

花影アリス退団がもったいない

花ちゃんの再来と言われるほど、

小顔で美人の花影アリスですが、

最終的には退団してしまったんですよね。

 

最近のトップ娘役は美人だけど歌が下手ですが、

花影アリスは歌えるし、ビジュアルも良いので、

トップ娘役にならず退団したのがもったいないです。

 

本公演でも野々すみ花の次に出番があり、

完全に娘2の待遇なので劇団側としても押してたはずです、

そう考えると惜しい人材をなくしたな~と感じます。

 

なんか後半は公演の感想から脱線しましたが、

出番が多かっただけに強く感じた次第です。


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ