タランテラ(06年宝塚雪組公演)の感想、朝海ひかる、舞風りら退団公演


スポンサードリンク



タランテラは宝塚歌劇団で、

何度か公演されているようですが、

私が見たのは2006年雪組の公演です。

 

タランテラはどちらかというと暗いイメージもあり、

退廃した感じなんですが、色鮮やかな衣装が舞っていたり、

けっこう演出は考えられているなと思いました。

 

今回見たのは雪組トップコンビの、

朝海ひかると舞風りらの退団公演です。

 

ダンサーコムの最後

朝海ひかると言えば小顔で、

ビジュアルが良いのが特長ですが、

一番の持ち味は踊りになります。

 

ヘッドセットをつけたままダンスを続ける、

朝海さんに改めて脱帽しました。

 

舞台も良いですが、

コムはダンサーなのでショーが良いですね。

 

公演の感想

ご本人も退団ということで、

感慨深いものがあるのだろうと思いますし、

誰もが同じ思いで舞台に臨んでいたと思います。

 

またこの舞台は二番手とトップの並びが、

非常にキレイで見ていてうっとりしました。

 

フォーメーションダンスも美しく、

衣装もシンメトリーになっていて見ていて楽しかったです。

 

トップスターの朝海ひかる、準トップの水夏希は、

かなりタイプが違うスターになります。

 

似たり寄ったりの2人ではないからこそ、

今回のような素敵な2人に仕上がったのだと思います。

 

タランテラを見るのは初めてでしたが、

本当に楽しそうで、こちらも心が弾んできました。

 

ジプシーや蜘蛛の女なんかも出てくるので、

鮮やかで、あでやかで、不思議な感じがずっと残る舞台でした。

 

退団公演は寂しさがある

フィナーレに向かうにつれて、

何か感慨深いものがこちらにもこみ上げてきました、

なので公演が終わったあともしばらく余韻に浸っていました。

 

トップスターはいつか退団するもので、

今まで何度も退団公演は見ましたが、

やはり寂しさはありますね。

 

自宅まで車を運転して帰る時は、

何とも言えない気持ちになります。

 

美形のコムの後は、

男気があふれる熱さを持った水夏希が、

雪組トップスターになります。

 

どのような公演を魅せてくれるか楽しみですね。


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ