白華れみ退団、なぜ同期の夢咲ねねがトップ娘役になった?

星組で娘2番手として退団した白華れみですが、

初めの内は同期の夢咲ねねよりもリードしてた感があります。

 

公演プログラムの順番もれみが先でしたし。

 

でも結果的には夢咲ねねがトップ娘役になりました、

勝ち負けの問題ではありませんが、実質抜かれたようなものです。

 

個人的にはどちらも美人で好きですが、

どちらかと言うと白華れみ寄りです。

 

なので娘1にならず退団したのは残念と言う気持ちがあります。

 

お互いの経歴を比較

お互いの主な経歴を調べてみました。

 

白華れみ

新人公演ヒロイン2回

バウヒロイン5回(内1回はWヒロイン)

第4期スカイフェアリーズ

第1期スカイナビゲーターズ

エトワール2回(内1回は退団公演)

 

夢咲ねね

新人公演ヒロイン3回

バウヒロイン3回(内1回はトリプルヒロイン)

 

比較すると白華れみの方が、実績が上のように見えますが、

夢咲ねねが2009年にトップ娘役になっており、

それ以降もれみはバウ主演とかしてるので、

2009年までで比較すると両者同じくらいになります。

 

なので白華れみがトップ娘役になってもおかしくなかったわけです。

 

両者の勝ち負け以前に…

まあそうは言っても、

ちえねねコンビのアツアツぶりを考えると、

夢咲ねねがトップ娘になるのは仕方なかったかもです。

 

宝塚歌劇団は男役の比重が高く、


スポンサードリンク



娘1はトップスターの引き立て役みたいなポジションですから。

 

男役に合う人を娘1にするのが宝塚、

これが夢咲ねねがトップ娘役に選ばれた最大の理由でしょう。

 

両者の勝ち負けうんぬん以前に、

年下である蘭乃はな、蒼乃夕妃にも抜かれたと言うのが…

 

いやいや、れみをトップ娘役にしたら良かったじゃん!

このように今でも思いますね。

 

星組に来た時点で出世終了

花組から星組に異動になった時点で、

娘2退団は決まってたようなもの、同期のねねが娘1なんですから。

 

未だに夢咲ねねは現役ですからね、

まあ柚希礼音はトップスターの任期が長いと言われてましたが。

 

同期の下で2番手と言うのも複雑ですよね、

まあそれを言ったら後輩がトップスターで、

自分が下と言うのが宝塚歌劇団ではよくある光景ですが。

 

白華れみ、夢咲ねね共に美人ですが、

前者は美人系、後者は可愛い系なので、

柚希礼音との相性を考えると可愛い系なのかな~と思います。

 

ねねは歌がアレですから、その辺りを考慮するとねえ…

まりももそこまで…と言う感じでしたし。

 

ぶっちぎりで他のトップ娘1が優れてるなら、

諦めもついたのですが、運的な要素が大きいので、

ファンとしては残念と言う気持ちが強いです。

 

退団公演は見に行きましたが、舞台の出番も多く、

エトワールだったのが救いでしたね。

 

涼紫央みたいに舞台の出番は少ないし、

フィナーレで羽根は背負わないしでは可哀想すぎます。

 

白華れみは退団後も舞台で活躍してるので、

今後の活躍に期待したいです。


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ