激情(10年全国ツアー星組公演)の配役、感想、最悪の出来

今回は宝塚歌劇団星組公演「激情-ホセとカルメン-」を見てきました。

柚希礼音さんと夢咲ねねさんによる再演ということもあり、

チケットを購入したときから非常に楽しみにしていました。

 

激情は以前、宙組で上演されたこともあり、

そのさい芸術祭演劇部門優秀賞を獲得していたので、

星組が演じるとどのような舞台になるのか、楽しみだったのです。

 

主な配役

ホセ 柚希礼音

カルメン 夢咲ねね

メリメ/ガルシア 涼紫央

エスカミリオ 夢乃聖夏

レメンダート 真風涼帆

 

最悪の出来

宙組公演は宝塚大劇場でしたが全国ツアーなので、

セット、音響がしょぼいのが気になりました。

 

また夢乃聖夏、真風涼帆がひどいです、

冒頭のダンス、歌ともにダメダメですね。

 

レメンダートはじゅりぴょんのイメージが残っており、

すずほが歌う冒頭の歌を聴いた時はガックリ来ました、

元々歌は下手な方ですが、あれはひどい…

 

ちえ、ねね、とよこさんがいたのが不幸中の幸いですね、

この辺りがいなかったらクソ面白くなかったでしょう。

 

宙組バージョンの廉価版

舞台は予想を裏切るひどさでした、

まさに宙組バージョンの廉価版と言う感じです。

 

当時がずんこ、花ちゃんコンビですからね、


スポンサードリンク



あれと比べるのは酷な気もしますが、劣化が激しいです。

 

ただ柚希礼音、夢咲ねねの二人は悪くなかったです、

お二人の絡みのシーンは本当の恋人同士のシーンを見ているようで、

素直に感情移入ができました(すみれコードぎりぎりですが)

 

ホントちえがいなかったらどうなってたんだ…

と言う舞台でしたね今回は。

 

少しはよいことも書きますね

あまりケチョンケチョンに書くのも悪いので、

良い事も書こうと思います。

 

劇場は元々オペラの演目らしいのですが、

オペラではホセがカルメンを刺殺するというクライマックスだそうです。

 

しかし星組公演の激情は、

その後ホセが捕まって銃殺されるというシーンまで、

描かれているため見ごたえ十分でした。

 

柚希さんは熱血漢でありながら、

影がある男という役柄がぴったりの方なので、

ホセは本当にはまり役だったと思います。

 

またホセを翻弄するカルメンを演じた夢咲さんも、

妖艶で、美しく、ぴったりの役でした。

 

競演された涼紫央さんが、

メリメと盗賊団首領ガルシアという2役を、

こなしていらしたのですが演じ分けが見事でした。

 

コミカルに入るアドリブも大阪弁ということだけあって楽しかったです。

 

舞台は見ているこちら側の感情が高まるまま、

クライマックスまで楽しめたので、また再演されるといいなと思います、

別の組が上演すれば、また違った舞台になるのではと楽しみです。


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ