カナリア(11年宝塚花組公演)のあらすじ、配役、感想

2011年宝塚歌劇団花組公演、カナリアを見てきました。

 

壮一帆さんが主演をつとめられたのですが、

正直言って壮さんをしっかり見たことがなかったため、

どのような演技をされるのか、どのような歌を披露されるのか、

どのようなダンスをされるのかイメージできませんでした。

 

あらすじ

カナリアの舞台はパリで、小悪魔が人間界に降り立ち、

最初に出会った女性に関して様々な騒動が起こるという、

コメディタッチのミュージカルです。

 

配役

ヴィム  壮一帆
ラブロー/ジュール  愛音羽麗
ティアロッサミ  桜一花
ヴァンサン  朝夏まなと
アジャーニ  実咲凜音
パシャ  悠真倫

 

感想

2011年に匠ひびきさん主演で花組からメンバーを選抜し公演されたのですが、

このときは大人向けのファンタジーという印象を抱きました。

 

しかし今回初めてしっかり見る方ということで、

何もイメージを持たずに舞台を見たのですが、

本当に素敵な悪魔を演じてくださいました。

 

表情もコミカルで、見ているこちらも楽しくなってきます。


スポンサードリンク



 

悪魔なのに楽しくていいのかなと思ったのですが、

後から知人に聞くとオールマイティに何でもできる人、

ということだったので納得しました。

 

ちなみにカナリアは壮一帆の代表作と言われています。

 

また相手役の実咲凛音さんも可愛らしく演じてくださり、

最後のほうのキスシーンでは観客側も度肝を抜かれる、

2人のシーンを展開してくれました。

 

実咲さんの役柄は髪の毛もボサボサで、言葉遣いも悪い少女です。

 

宝塚のスターは元々お金持ちが多いので、

娘役にはどうしても気品が漂い、この手の役は厳しいです、

下町感が出せないと言うか、演技でカバーしきれてない印象でした。

 

実はコメディ

まじめな話をイメージしますが実際は違います、

ポスターを見た感じダークな印象ですが、

蓋を開けてみると全然違いました。

 

普段はあまり見られない花組のコメディタッチのミュージカルで、

配役が良かったのと、演出も脚本も良かったことなど、

すべてがマッチして成功につながったのではないかと思います。

 

カナリア、忘れられない舞台になりました。


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ