天使の季節(宝塚90周年記念公演 花組)の配役、あらすじ、感想

宝塚90周年を記念して行われた飛翔無限、天使の季節、

アプローズ・タカラヅカの中から、天使の季節の感想を書きます。

 

元花組トップスター春野寿美礼さん(愛称おさ)、

元月組トップスターの瀬奈じゅんさん(愛称あさこ)は、

音楽学校時代から仲が良く、二人の愛称をつなげてオサアサと呼びます。

 

主要キャスト

・ギスターブ&国王ペスカトレ(春野寿美礼)

・マルゲリタ(ふづき美世)

・アッサーラ(瀬奈じゅん)

・アベルタン(彩吹真央)

・ジョルジュ(蘭寿とむ)

・カルボナラ(梨花ますみ)

 

あらすじ

国王ペスカトレ(春野寿美礼)は自身90歳の誕生日を前に、

パリに留学中の孫娘マルゲリタ(ふづき美世)を、

カリブ国の皇太子アッサーラ(瀬奈じゅん)と婚約させようとしていたが、

彼女には貧しい芸人であるギスターブ(春野寿美礼)という恋人がいた。

 

婚約の話を知ったギスターブがマルゲリタを追って王宮に忍び込み、

仲間であるアベルタン(彩吹真央)、ジョルジュ(蘭寿とむ)と共に、

二人の婚約を阻止しようと色々な策を行うのであった…

 

主要人物について

春野寿美礼さんは相変わらず歌が上手です、

本公演では若者&年老いた国王の二役を演じます、

若者は普段通りで、国王は声を変えて違う人物を上手く演じてます。


スポンサードリンク



 

ふづき美世さんは初めて見ましたが、

本公演はダンス・歌のシーンがほとんどなく、

後半ドタバタする関係で出番自体が少なかったように思います、

他の出演作を見ないと何とも言えないですね(^^;)

 

瀬奈じゅんさんも初めてみました、当時準トップですが出番が遅く、

後半は逃げてばかり、まともに歌うシーンがないのが残念でした。

 

おさあさコンビの掛け合いは思った以上に面白かったです(笑)

 

彩吹真央さんは好きなスターなのでいつ見ても良いです、

今回は色々な人に変装するのですが、アドリブが上手くて面白かったです。

 

蘭寿とむさんは彩吹真央さんと共に色々な策を仕掛ける役なのですが、

ゆみこさんに比べるとアドリブが効いてないような印象を受けました(^^;)

 

公演の感想

あらすじを見た時、重めの話だと思ってましたが、蓋を開けてみると全然違いました、

「これTCA?」って言う位、何でもありなノリで笑わせてくれます。

 

歌やダンスがほとんどなく後半はドタバタ逃走劇、

どこまでが脚本で、どこからがアドリブか分からない位フリーダムでした。

 

ドタバタしてるだけで、宝塚歌劇団の気品を感じられない、

なぜ90周年記念公演にも関わらず、こんな芝居をするのか?

 

こんな感じで評価が悪い作品ですが、個人的にはかなり楽しめました、

歌・ダンス・芝居と言う観点から見るとイマイチですが、

TCAみたいな何でもありコメディーとしてみれば楽しいと思います。


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ