さくら-妖しいまでに美しいおまえ-(07年星組公演)の配役、あらすじ、感想


スポンサードリンク



07年に星組で公演された「さくら-妖しいまでに美しいおまえ-」を、

タカラヅカ・オン・デマンドで見ました。

 

この公演は「シークレット・ハンター-この世で、俺に盗めぬものはない-」と一緒に行われ、

安蘭けい、遠野あすかさんのお披露目公演となります。

 

主要キャスト

・安蘭けい

・遠野あすか

・柚希礼音

・立樹遥

・涼紫央

 

公演の感想

日本で愛され続ける桜をテーマとした日本舞踊で、

歌や芝居よりも踊りに重点を置いた作品です。

 

当時星組の主要スターである安蘭けい、遠野あすか、柚希礼音、

立樹遥、涼紫央さんが出てるのは分かるのですが、

 

途中で劇団理事の松本悠里さんが出てきたのには驚きました。

 

日本舞踊は初めて見ましたが正直サッパリ分からないです、

松本悠里さんの舞は見る人から見れば良さが分かるのでしょうが、

他の人との違いがよく分からなかったです(^^;)

 

出演者は顔をどうらんで白塗りしてますが意外と分かるものですね、

あの状態でも主要人物は顔を見ただけで分かりました。

 

宝塚大劇場へ行き、生で見れば迫力があり面白いのでしょうが、

DVDだと踊りメインの演目は厳しいですよね。

 

衣装が豪華で歌も多いスターが多いので、

見ていて飽きる事はありませんが、日本舞は私には荷が重かったです(汗)


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ