シトラスの風(1998年宝塚宙組公演)の感想、姿月あさと、花總まりお披露目公演


スポンサードリンク



1998年、宝塚歌劇団宙組旗揚げ公演として、

エクスリカバーと同時上演されたシトラスの風を見ました、

とても非常に楽しみにしていた記憶があります。

 

いわゆるショーになります、舞台とセットの。

 

シトラスの風の主演は姿月あさと、花總まりで、

トップコンビのお披露目公演になります。

 

そして第84期生の初舞台です、

84期生と言うとピンとこないでしょうが、

 

音月桂、北翔海莉、未涼亜希、桐生園加、

遠野あすか、白羽ゆりの世代と言えば分かりやすいでしょう。

 

公演の感想

岡田敬二さんの演出ということもあって、

楽しみにしていたところもあります。

 

というのもポスターからして非常に華やかで美しく、

興味をそそられたからです。

 

オープニングからしてその期待は裏切られませんでした。

姿月あさとさんのピンクの衣装は、

他のグリーン、パープル、ブルー、イエローの中でも目立っていました。

 

また中組みの男役が他にも和央ようかさん、

湖月わたるさんと背が高い人が多く、見ごたえ十分です。

 

花總さんも可愛らしく、特に第二章の花占いシーンは魅惑的でした。

 

今回、赤系の衣装が非常に印象的だったのですが、

やはり和央さんも赤の衣装をまとっており、

また84期生のロケットでも赤い衣装を身にまとった人がいたので、

赤色の衣装にばかりに目が行ってしまいました。

 

私は闘牛の牛か! って感じですね(笑)

いや、でもそのくらい印象的でしたよ。

 

フィナーレも感動的で、

トップになって初めての公演とは思えないほど、

姿月さんと花總さんのコンビは息もぴったりで、素晴らしかったです。

 

パレードのリズムが難しかったのが少し残念です。

 

しかし第七章の明日へのエナジーなど、

収穫は非常に大きな舞台となりました。

 

明日へのエナジーはゴスペルに合わせて歌う名曲ですが、

このシーンは何度も再演されているので、人気も高いんでしょうね、

今後の宙組に期待できる舞台でした。

 

宝塚歌劇団100周年となる2014年に中日劇場で宙組公演が開催、

ロバート・キャパが舞台で、それと合わせたショーになります。

 

同じ演目でも、出演者が違うと印象が変わります、

この時の宙組はレベルが高かっただけに、

今の子たちがどれだけやれるのか心配ですが、

是非見に行きたいところですね。


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ