エリザベート宝塚歌劇団花組チケット完売!明日海りおのお披露目だけある

花組で新トップスターになる明日海りお、

宝塚大劇場でのお披露目公演となるエリザベートの

チケットは予想通り即完売になりました。

 

宝塚大劇場での公演期間は8月22~9月22日ですが

一般前売りは7月19日にスタートしました。

 

宝塚歌劇団の公式HPよりチケット販売状況が見れますが、

一般前売りスタートの7月19日に見に行ったら全席完売でした。

 

エリザベートはヅカの看板作品である

ベルサイユのばらと双璧をなすほど人気のある作品で、

宝塚では瀬奈じゅん主演の2009年がラストだったので実に5年ぶりです。

 

 エリザベートは看板作品

東京宝塚劇場に比べると宝塚大劇場は座席数が多いので

通常公演なら簡単にチケットを取ることが出来ます。

 

公演の初日、千秋楽、新人公演はすぐに売り切れますが、

それ以外の日ならチケットを取るのは難しくなく

SS席はまだしもS席以降なら十分残ってます。

 

アーティストのコンサートは競争率が激しいですが

あれは土日とか日程が限られてますが、宝塚は1ヶ月やりますから。

 

しかし例外が存在します、それは人気演目です。

 

エリザベート、ベルサイユのばら等の再演モノ

これは今までの公演で面白いことが分かってる人気演目なので

見たいと言う人が多く、チケットの競争率が上がります。

 

2014年だったら以下のモノは人気があります。

 

・風と共に去りぬ
・ベルサイユのばら
・エリザベート
・PUCK

 

普段は何組だから、好きなスターが出るから見に行こうとなりますが、

再演モノの場合は組は関係なく、とにかく見たいと言う人がいます。

 

なので見に行くまで面白いかどうか分からない

通常の公演よりもチケットの競争率が上がります。

 

エリザベートは版権の絡みもあるし

なかなか公演されないので見に行きたい多いです、

これと同じでスカーレットピンパーネルの再演を希望する声もあります。


スポンサードリンク



 

お披露目公演なのも大きい

また今回は新しく花組のトップスターになる

明日海りおの宝塚大劇場お披露目でもあります。

 

なので2重の意味でチケットの競争率があがります。

 

月組のべルサイユのバラ(龍真咲主演)も人気公演ですが

その時は一般前売り当日でもA、B席はパラパラ残ってましたが

今回のエリザベートは当日で全席完売ですからね。

 

やはり人気公演+お披露目は競争率が高くなります。

 

「エリザベート見たかったのに…」

「みりおのお披露目公演見たかったのに…」

 

前売りチケットを手に入れれなかったため

涙でマクラを濡らしてる方も多いと思います…

 

しかしチケット流通センターならまだ買えます。

 

B席なら1万円以下でもありますし、A席でも1~2万円であります、

S席の前の方、SS席だったら4万とかしますね。

 

公演初日のSS席は12万円で売られてました、

逆に千秋楽の方だと10万円を切りますね。

 

今回は明日海りおのお披露目公演になるので

初日の方が価値があると言う感じでしょうか。

(これがサヨナラ公演とかだと逆になるでしょう)

 

手を尽くせばチケットは手に入る

ちなみに新人公演は2~4万円でした、

新公はトート役が柚香光、エリザベート役が花乃まりあです。

 

花乃まりあは次期花組トップ娘役の就任が決まっており、

蘭乃はなが本公演でエリザベートをするのを嫌がってる人も多いです。

 

蘭乃はなはらんとむと一緒に退団して、

かのちゃんが本公演でもシシィで良かったと言う人が出そうですね…

 

何はともあれどうしても生でエリザベートが見たい、

DVD発売まで待てないと言う方はチケット流通センター、

おけぴネットなどで探すのが良いかなーと思います。

 

当日のサバキに希望をたくすのもアリですし、

当日券で立ち見をするのもアリです。

 

エリザベートは今回の公演を逃すと

次回がいつになるのか分かりませんので

悔いのない行動をしてくださいね^^


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

One Response to “エリザベート宝塚歌劇団花組チケット完売!明日海りおのお披露目だけある”

  1. 坂本あかり より:

    今日ダメ元で当日券求め7時に家を出9時に劇場に着きました、ところがどっこい駐車場近くまで列を作っているではありませんか!あーだめだこりゃ、と諦め三田マイカルで映画を観て帰ってきました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ